タイ古式マッサージの効果

タイ古式マッサージの効果

タイ古式マッサージとは、両手や肘を使って指圧をしたり、ストレッチのような動きを入れたタイの伝統的なマッサージです。センと呼ばれる「気」の流れを通して、体の巡りを良くするもので、医療の一環にもなっています。頭痛や腰痛、生理痛、高血圧、冷え症、便秘、アレルギーなどたくさんの症状に効果があると言われていて、予防医学としても注目されています。対処療法とは違い、体の深部にアプローチをしていくマッサージなので、その時の痛みやハリなどをとるというよりは、体を整え体の機能を高めるものです。タイ古式マッサージの効果は、多岐にわたります。筋肉を柔らかくし、関節や内臓の機能の向上を図ったり、体の歪みや関節のズレを調節し、血液やリンパの流れを良くして、関節痛や神経痛やむくみなどの様々な症状を改善したり、深い呼吸を覚えたり整える事で、集中力も高まります。もし、一部の痛みなどの問題があったとしても、体全体を調整していきます。タイ古式マッサージを受ける事で、自律神経からくる様々な不調を改善し、ストレスを解消し、健康に繋げる事ができます。治療という観点からも、予防という観点からも、その先の自分の体の調子を見据えたマッサージといえるでしょう。

 

 

ホームに戻る