タイ古式マッサージとは

タイ古式マッサージとは

タイ古式マッサージは古来からある伝統医学の一つであり、指圧やツボ押しとタイならではの仏教の教えを融合した癒しのマッサージです。タイ古式マッサージは名前の通りその歴史は古く、ブッダの主治医だったシヴァカ・コーマラバットによって生み出された手技であり、身体がもともと持っている力を引き出すというアーユルヴェーダと強いかかわりを持っています。タイ古式マッサージの特徴は、悪いところだけでなく、頭の先から足のつま先まで全身くまなくマッサージを行うことです。肩こりであれば肩、腰痛であれば腰回りといったように多くのマッサージでは患部をマッサージするのに比べて、身体だけでなく心の緊張もほぐしたり、臓器の関係などから不調と一見関係のないところもマッサージすることで一見判断しにくい体の不調を改善することになります。タイ古式マッサージは別名二人ヨガとも呼ばれており、ストレッチをしながらマッサージしていくことも特徴の一つです。これは施術を受けるほうだけでなく施術をする方にも身体によい効果をもたらすとされていることからそういわれています。また、マッサージの終了後は揉み返しが起こりにくく、全身の不調を和らげてくれます。

 

ホームに戻る